TOPICS

TOPICS

2006年1月18日

■ 印刷フィールドの拡充を図り、B縦半裁オフセット輪転機が稼働。

● 輪 転 機
B-B型ウェブ水平通しのプラン単胴式1ウェブ用B縦半裁4色両面オフセット輪転機2セットとBHK-1000印刷ユニット3台で構成され、出版・商業印刷・新聞を主体とし、最大新聞20ページが可能です。またB4-2P出しの装置が装備され、断裁作業の時間短縮ができます。さらに折り機が4台一箇所に集中して並ぶことで、B4-4Pの4口出しが可能となります。新聞印刷が商印機での対応のため製品のレベルアップを図ることができ、HB-5000のカラー機は回転数が上がりロング印刷の時短が図れます。

B縦半裁カラーマスターHB-5000EDオフセット輪転機(商業用シャフトレス機)
新聞輪転機で実績のあるシャフトレスドライブ技術を、高精度が要求される商業印刷機に応用し開発されたのが、カラーマスターHB-5000EDです。HB-5000EDは、シャフトレスドライブ機構の採用で、印刷ユニット、折機などの各ユニットを単独で駆動することができますので、印刷準備時間の短縮、損紙・ランニングコストの低減、メンテナンスを容易にします。また、輪転機レイアウトのフレキシブル化、作業環境の向上などが図れます。これらの特長を生かし、刷版切替え作業の簡素化や徹底した時間ロスの削減による高生産性を実現、小ロットから大ロット、さらにチラシから高級カタログまで対応できる適応範囲の広い商業用オフセット輪転機です。標準機械構成は給紙ユニット、インフィード装置が各1台、印刷ユニット4台、ドライヤー、冷却装置各1台、折機2台で、最高印刷速度は800rpmです。
●給紙装置とインフィード装置は操作が簡単で、常に安定したテンションを得ることができます。またペスター時の紙詰まりを防止するためのテールコントロール機能も標準装備されています。
●印刷ユニットは、高速印刷時の安定性を考慮した両側箱型高剛性フレーム構造を採用しています。メインシリンダーはAB色調差やギャップ汚れのないシングル胴で、剛性の高いストレート配列です。
●冷却装置は4本のローラー構成で冷却能力を高め、ウェブガイドには紙をセンターに補正するCPC(センターポジションコントロール)機構を装備することで、折精度が安定し、出版印刷にも高品質な対応が可能です。
●折機は、使いやすい単幅2胴式の構成で、咥え折、チョッパー折以外にB4シート出し装置(オプション)を内蔵でき、多様な折丁を可能にすると共に省スペース化を図ることができます。各種自動化機能も充実、シャフトレスドライブ機構と併せて、生産性を高め、優れた能力を発揮します。